【お客様のお声】
三十数年前、初めての海外旅行で訪れたパリを思い出します。
ツアーで意気投合した友人とメトロの回数券(アン・カルネ)を買って、
あちこち歩き回りました。
「枯葉」のような、黄色い切符でした。
モンマルトル、シテ島、ラタンカルチェ、エトワールからコンコルドへ・・・・etc.
一週間が、夢のように過ぎました。
アールヌーボーのメトロの入り口が、とてもなつかしいです。

パリの冬は、通勤時も暗いので、
ライトがついていても、朝かもしれません

透かしもきれいです

中のペイントは、シャルル・ド・ゴール駅?

地下への階段もリアル
サイズ:w7/d5/h8(cm)
工房:La Vie en Rose
商品番号:T-760
商品名:メトロのエントランス

お問い合わせは wiseowl@nifty.com  

HOME
メトロのエントランス (LOUVRE RIVOLI駅)
後方の建物は、ルーブル美術館
【お客様のお声】
地下鉄入り口のあのアールヌーボーなデザインが
将来的になくなってしまうらしいですね。(実際徐々になくなっているとか!?)
確かに一昨年3度目のパリ(なんとも10年ぶりですが、、)を訪れた際、
ずいぶんと石畳もなくなってきたなぁ、と感じました。